マンマ・ミーア!バックステージツアー

4月14日
サマー・ナイト・シティ・ダヴェルナへようこそ
あなたも大切なお友達やご家族とエーゲ海の小島へ思い出の旅をしてみませんか?普段は見ることのできない、ホテル「サマー・ナイト・シティ・ダヴェルナ」の裏側をご案内いたします。

行ってきました。

レポを書こうとしてましたが、日にちがたってしまいかなりうろ覚えです。

さてかなりネタバレです、楽しみにしている方は見ないでね♪

1.受付

会場に入ってから、まず受け付けをしました。
その際貰ったのが、アンケート用紙&席番号です☆

2.本番終了後ロービー端で待機!

ここでスリッパを貰いました。(お手洗いをお済ませください!)

3.会場に入って営業の方の挨拶&舞台監督さんの挨拶

営業の方はアイーダのみんなで歌おう」の方と一緒でした。
舞台監督さんが今からA~Dコースに分かれて舞台裏を見学していただきます、、、などなど挨拶がありました。そして会場スタッフの方が旗を持って登場(ガイドさんのよう)「このチームはこの色の旗です、間違えて違う旗のところに行くと同じところを回る可能性があります」、、、それは大変しっかり覚えておこう!

4.上手側見学

まず、椅子の色や番号がいろいろあること、2幕のベット、サムのスケッチブック(毎回役者さんが書いて、今はここまでだそうです。そのうち完成するようで、キャストが変わると新しい絵をかくそうです。)お酒の中身(緑茶や烏龍茶?がはいっているそうです)グラス(万一割れて破片が飛び散らないために特殊ゴムが底にはってます)ロージーのローソク(スイッチ式になってました)ヘベレケの網(貝などが付着だらしなさを演出、予備もあり)
そして、コーラスブース!これですか、、、感動('-'*)キャーキャー

5.舞台へ

舞台を横断しました。これがビックリ!マンマの舞台は前に向かってかなり傾斜になってます。
ほんとに坂ですよ!

6.照明

いろいろな組み合わせをみせていただきました。通常は2人でされているそうです。女性のかたでした。

7.音響

マンマのスピーカーは小ホールにしては大きいそうです、マンマ指定だそうで、かなりいろいろと指定が多いので、役者さんのマイクを顔に貼るテープに色付けするスプレーも指定があって、最近輸入が遅れてあたふたしたそうです。

8.奈落へ

女性の助監督さんが説明してくださいました。
舞台の画面が写っているモニターが沢山ありました。そしてここで舞台のセットをうごかしているそうです。ほぼ機械にインプットされているので、ボタンを押すのみですが、かなりこのセットがおもたいので、安全確認を徹底してます。

9.下手側

ここで舞台監督さんが登場!
まず役者さん達のマイクはかなり小さな音まで拾うので、それをチェックして髪の毛がマイクにかっていたら、ホワイトボードで役者さんに教えている.
女性用の着替え部屋、(男性はそこらへんで着替えてます(゚ロ゚))
ママの日記(なんと3冊もありました。だんだん古びた感を出して交換していくそうです)
ベットもあり、ターニャの小道具もあり、ソフィの手紙、ホテルのベット、ドナのマンマを歌う時のバックコーラスの台、カーテンコールの時のパパ達の衣装など、、お宝満載でした。

10.最後に舞台監督さんの挨拶&質問

スタッフをもう一度紹介してくださいました。
そして、少し質問を受け付けます、、、。
停電のときは?
かなり困った質問だったようで、「痛いところを付けれました(゚ロ゚)舞台監督の判断で中止か少し待つか、、、決めます」
舞台監督さんは役者出身ですか?
「絶句、、、違うとゆうことにしておきます。」
そして最後に「この仕事に興味を持った方は是非一緒に仕事をしましょう、詳しくはホームページをご覧ください」

以上バックステージツアーでした。アイーダのときに行けば良かった、、、、残念(T_T)そればかり思ってずーっと回っていました(゚ロ゚)
マンマファンの方は、絶対おすすめです、まだ後2回?是非いってみては?
[PR]

by misia77-h | 2006-04-22 23:03 | 舞台 劇団四季