ラストACL

京都劇場 2月3日コーラスラインソワレ

2回目です。そして最後のACLとなりました。
前回は内容を確認するのと、席が中途半端の場所ですごく観にくかったのです。
今回は前の下手側、しかっりみれました。

まず、ザック役の飯野さんの席を確認できました。1階の一番上の席にマイク&小さい机があってその横の3席ぐらいは空いてました。

そしてザック&ラリーのやり取りが良く見えました。下で紙で最初の合格者を選んでました。

今回もダンスに魅了されましたが、やはり歌は厳しかった、最初のトリシアの「この仕事がどうか、、、」かなりやばかった(-_-;) そしてそれに続いて、ポールの「写真をみても、、、」驚くほどひっくりかえってました。しょっぱなから皆さん大丈夫状態ですよ(ー_ー)!!

そしてマイク役の藤原君、前回はあまり注目してなかったので、元気があってよかったですよ、歌が、、、台詞も歌もとってもいっぱいいっぱいでしたが。

全体的にお疲れなんでしょうか、ダンスは良かったでけど、前回あんなに良かったとおもっていた、八田ヴェルは、、、演技も歌もきつそうだったしね。
それにしても坂田さんの歌はすごく良くなっていた、ソロのところは特に。坂田さんのダンスは言うまでも無くすごいけど、いつも大好きな遠藤瑠美子さんを目でおってます。どうしても遠藤さんのダンスが、好きみたいです。ずーっと観てても飽きないかも('-'*)エヘ

前回なんだか、最後気持ちがものすごくのらなかったのは、もちろん「愛した日々に悔いはない」です。
このシーンなんでディアナなんだろう?すごく納得がいかないんです、その前にポールのケガのシーンで「余計な事を言い」その後踊れなくなったら?の質問で、優等生な答えを発言。きっと吉沢さんの言い回しがあんまり良くないからだとおもってましたら、ブロードウェーではディアナが歌わず、キャシーが歌うんですね(-_☆)キラーン
それで納得、これはディアナが歌うシーンではない、是非四季も歌もダンスもばっちりの女優さんを育ててもらって、キャシーのシーンに変えてください。最高のコーラスラインになるとおもいます。

何だか批評になってますが、私の中では
1アイーダ
2李香蘭
3コーラスライン
です。
すごく良い作品です。なんともいえない気持ちになります。違うキャストで是非また観たいです。

マイクあたりは有賀君で☆ダンは脇坂さんで☆
このままだと全部アイーダキャストでうめてう危険がありますのでこの辺で(-_☆)キラーン





ザック     飯野おさみ
ラリー     中山大豪
ダン      朱 涛
マギー    上田亜希子
マイク     藤原大輔
コニー     高城信江
グレッグ    武藤 寛
キャシー   坂田加奈子
シーラ     増本 藍
ボビー     道口瑞之
ビビ       小松陽子
ジュディ    遠藤瑠美子
リチー      西尾健治
アル       川口雄二
クリスティン   石塚智子
ヴァル      八田亜哉香
マーク      金田彦                                             ポール      望月龍平
ディアナ     吉沢梨絵
フランク     李 鑫
ロイ        江 帆
トム       張 春紅
ブッチ     李 振魯
ビッキー   永木藍
ロイス     加藤裕美
トリシア    恒川愛
[PR]

by misia77-h | 2006-02-06 22:59 | 舞台 劇団四季